デザインには様々な種類

ランディングページのデザインには様々な種類が存在します。基本的に縦に長いページになりがちなランディングページ制作 は通常のWebサイトと比べて変わったデザインのものは少なく、個性を出しづらいとも言えますが、紹介する商品やサービスごとにイメージを決めるのは非常に大切なことです。 具体的には女子向けの商品を紹介したい場合にはかわいらしい色やフォントを使うなどしてユーザーが商品をイメージしやすいようにすることが重要です。他にも色やフォント、余白やレイアウトなどによって信頼感や高級感を強く出すこともできます。また、画像を多く使うことが多いのもランディングページの特徴です。商品を紹介する画像ではPhotoshopなどのソフトを使ってユーザーに分かりやすいように、またいいイメージを持たれやすいものにするのが肝心です。

色やフォント、レイアウトなどの直接的なデザイン

ランディングページでは色やフォント、レイアウトなどの直接的なデザインのほかにも、レスポンシブデザインなどの技術的な部分でもこだわりたい部分です。最近ではパソコンのみならずスマートフォンやタブレット端末が非常に普及しているため、主にユーザーがブラウジングに利用するデバイスには様々な種類が存在します。これらの端末に適したレイアウトを提供するランディングページが増えてきています。HTML5を利用したWebサイトも増えてきており、メディアクエリと呼ばれるCSS3の機能を使うことで簡単に実装することができます。 メディアクエリではユーザーの画面サイズによって適用するCSSファイルを変えることができ、一つのHTMLファイルで複数のデバイスに適したランディングページを提供できるようになります。

新着情報