構成要素を頭に入れておく

ランディングページを制作するなら、その基本的な構成要素を頭に入れておくようにしましょう。 ランディングページには、次の3つの構成要素で成り立っています。 すなわち、ファーストビュー、ボディ、クロージングです。 ファーストビューとは、訴求エリアと呼ばれる部分で、キャッチコピー・画像・コンバージョンボタンを活用しながら、話題を提供していくことが役割です。 ボディというのは、内容を掘り下げて説明するエリアのことで、製品や商品の具体的な情報を伝えたり、利用者の声を伝えたりします。 クロージングは、購入を促進するエリアです。 サンプル提供やプレゼントを紹介したり、期間限定、送料無料の情報を与えたりして、閲覧者の消費行動を後押しします。

制作会社に依頼

ランディングページの制作は自分で行うこともできますが、制作会社に依頼することもできます。 プロの制作会社に依頼することによって、お金はかかりますが、それだけ仕上がりのいいものが出来るというメリットがあります。 ただし、どんな制作会社に依頼するかについては、慎重に判断しなければなりません。 ランディングページの代行業者は一つではなく、無数にあります。 実力やノウハウのある会社、実績や経験の豊富な会社、評判のいい業者、悪い業者など、さまざまです。 いいかげんに業者選びを行って、もし未熟な業者だったら、ページの仕上がりは劣悪なものになってしまう可能性があります。 一方、実力と経験が豊富な業者に依頼すれば、それだけ質の高いランディングページを作ってもらうことができます。 業者選びにはくれぐれも注意しましょう。

新着情報